京都能楽会の歴史 – 京都能楽会 京都薪能 ―Kyoto Takigi-Noh―

昭和16年(1941年)1月2日、主として京都在住の能楽師(シテ方・ワキ方・囃子方・狂言方各流派)によって京都能楽会は発足されました。

昭和25年(1950年)5月23日、24日、平安神宮にて第1回目の 「京都薪能」を開催。以降、毎年「京都薪能」を開催し、京都における年中行事や祭事に参加すること等により能楽の発展および継承に努めてまいりました。

平成27年(2015年)12月1日、一般社団法人京都能楽会の設立登記が完了し、現在に至ります。

京都能楽会について

会員紹介

09